里山の四季 日々の散歩路で見つけた自然を紹介  芸術的だったり、人を魅了するインパクトのある写真は撮れないけど。身近な生き物たちとの出会いを楽しんでいます。

キバナアキギリ 黄花秋桐

秋の名残でしょうか。
キバナアキギリがこんなにもみずみずしい花を咲かせていました。


2019.11.19
シソ科アキギリ属

学名 Salvia nipponica (サルビア 日本の)の意味
日本のサルビア
キバナアキギリ 黄花秋桐_e0398208_15421265.jpg

キバナアキギリ 黄花秋桐_e0398208_15421661.jpg




雌しべの花柱が飛び出して見えます。
花冠のなかの紫色のシベは退化した雄しべ(仮雄しべ)
キバナアキギリ 黄花秋桐_e0398208_15422281.jpg




本当の雄しべは上唇の中にかくれています。
昆虫が紫色の仮雄しべにとまるとシーソーみたいに下がってきて花粉がつきます。
キバナアキギリ 黄花秋桐_e0398208_08392815.jpg




今頃は、たいてい花は終わり、果実期に入っています。

例年、ガクはとてもきれいに紅葉しますが
今年は千葉県を襲った3つの台風のせいか
紅葉せず、茶色に枯れてしまったものが目立ちます。


これはなんとか紅葉したもの・・・
房総風土記の丘
2019.11.20
キバナアキギリ 黄花秋桐_e0398208_08393471.jpg
キバナアキギリ 黄花秋桐_e0398208_08394199.jpg




by kaya2018 | 2019-11-22 09:10 | 草花