里山の四季 日々の散歩路で見つけた自然を紹介  芸術的だったり、人を魅了するインパクトのある写真は撮れないけど。身近な生き物たちとの出会いを楽しんでいます。

ヒヨドリバナのウイルス

ヒヨドリバナ 鵯花
キク科ヒヨドリバナ属


ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16122345.jpg



頭花は5~6個の筒状花からなり花冠の先は浅く5裂。
花柱が花冠より長く飛び出します。
ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16122703.jpg

花柱の先が2つに分枝します。
ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16073708.jpg


ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16074230.jpg

ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16073187.jpg


ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16074985.jpg



キンモンヒヨドリバナ 金紋鵯花

ウイルス病(ジェミニウイルス)にかかって
葉脈が黄色になったヒヨドリバナをキンモンヒヨドリバナとよんでいます。

ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16080706.jpg


ヒヨドリバナのジェミニウイルス病は、世界で 最も古い植物ウイルスの記録だそうです。

万葉集の孝謙天皇の和歌

「この里は継ぎて霜や置く夏の野に わが見し草 はもみちたりけり」

西暦 752 年の奈良東大寺の大仏開眼 供養の行事の後に、

天皇が平城京の藤原仲麻呂の 屋敷に立ち寄って、

そこで見かけたヒヨドリバナの葉脈黄化症状について詠まれたものと言われて います。


ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16080488.jpg

ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16144940.jpg


こんな古くからウイルス病に感染してしまったヒヨドリバナですが、
現代も身近な野草として生き続けています。
ウイルス病にかかった個体の病気は治ることなく3年くらいすると死んでしまうのだそうです。

でもこのウイルスは種子には感染することはなく
感染ヒヨドリバナでも健康な子孫を残すことができるのです。

ウイルスだって寄主が途絶えてしまえば増殖できないのですから・・・

”強毒性のウイルスが広くはびこることはできない”とは示唆にとんでいます。

ヒヨドリバナのウイルス_e0398208_16133888.jpg



by kaya2018 | 2020-10-25 08:04 | 草花