里山の四季 日々の散歩路で見つけた自然を紹介  芸術的だったり、人を魅了するインパクトのある写真は撮れないけど。身近な生き物たちとの出会いを楽しんでいます。

オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸

ハラタケ科カラカサタケ属

毒きのこです。

熱帯~亜熱帯の帰化キノコだそうです。
大型で近縁のカラカサタケやマントカラカサタケとよく似ています。

落ち葉堆肥場に群生していました。
オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_13125274.jpg


オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_13125870.jpg



幼菌
オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_13123632.jpg


成菌
オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_13123107.jpg

ツバは動かすことができます。(可動性)
オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_13123981.jpg

はじめ柄は、白色。
ヒダも白色で密、柄に隔生。
オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_13124390.jpg

オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_13404038.jpg



ヒダは、成熟にしたがって緑色からオリーブ色に変化します。
柄は、褐色に変化。
オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_08285611.jpg

オオシロカラカサタケ 大白唐笠茸_e0398208_13125049.jpg



カラカサタケやマントカラカサタケに似ていますが
老菌になるにとヒダが緑色になるので容易に区別がつきます。

by kaya2018 | 2021-09-03 08:30 | キノコ